ホーム > 概要
 

  個人情報保護に関する定義と方針

  Neproce では、日本国個人情報の保護に関する法律で定められている、「特定の個人を識別できる情報」だけではなく、個人の氏名、生年月日、パスワードやメールアドレス等、特定の個人を識別することが難しい情報でも、「各個人固有の情報すべて」を個人情報であると定義し、これをできる限りの最高技術を持って本人の意思に反する漏洩から徹底保護することをお約束致します。「便利さ」よりも「安全性」を最重要視し、少しでも危険性のあるサービスの提供は行いません。


  情報保護に対する取り組みと技術

  Neproce のサーバは、専門知識により正しく設定された、二重のファイアウォール、コンピュータウィルス対策、及びスパイウェアを含む不審なプログラムの検出システム等により、情報漏洩の脅威から強力に保護されています。常に最新の脅威から保護されるよう、すべてのシステムが自動的に更新されるよう設定していることはもちろん、更新漏れの確認や各設定の再確認等を含む手作業によるメンテナンスも定期的に実施しています。

  Neproce のソフトには、パスワード等の各種重要情報が漏洩しないよう、強力な暗号化技術を中心とした様々な対策が組み込まれています。詳細については各オフィシャルページや付属ヘルプをご覧ください。また、当ウェブサイト「 Neproce WebSite 」では、メールアドレス等の各種重要情報が漏洩しないよう、そのような情報をご入力頂く全ページで、 SSL 技術を用いて通信内容を強力に暗号化しています。


  取得情報の取り扱い

  Neproce に対するお問い合わせから得た、送信者名、メールアドレス、お問い合わせ内容等の各種情報、及びウェブサイトのアクセスログから得た、 IP アドレス、ドメイン名、ブラウザ情報等、 Neproce が定義する個人情報は、 Neproce 内でのサポートや管理、統計調査等のみに用い、法的機関から正式に提示を要求された場合を除き、第三者へ開示することは致しません。また、第三者へ委託提供することも致しません。

 万が一個人情報の漏洩が判明した際は、当ウェブサイトにて事実を公開、及び被害に遭われた方のメールアドレスが明確な場合にはメールにて謝罪を送らせて頂くと共に、速やかに原因調査を行い、再発防止に努めることをお約束致します。個人情報の取り扱いに関し、ご不明な点はお気軽にお問い合わせページよりお問い合わせください。